儀一の独り言

中世城館跡を好む儀一が、城館を調査したりした事を語る独り言ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無期限休止へ

ご訪問の皆さまへ

                               儀一の城館旅 管理人 儀一

            掲示板・ブログの無期限休止について


毎度「儀一の城館旅」へお越しくださり、ありがとうございます。

この度、サイトやブログの更新をするより城館跡の調査する時間に費やす時間に充てるため、
掲示板及びブログの無期限休止をする事に致しました。
サイトの方も時間があれば更新するというペースで参りますので、ご理解の程宜しくお願い致します。

スポンサーサイト
  1. 2030/01/01(火) 00:00:00|
  2. このサイトについての事

儀一模型ショーを見に行く。

今日は大変お日柄が良かったので、千葉は馬加・・・現在の幕張メッセへ行ってきた。
そのお目当ての物とは・・・

img031.jpg
模型ショーである。
前々から噂に聞いていた「城(しろ)ラマ」の現物が見たくて行って来たのであった。
模型やプラモになる物ならなんでも展示してある今回の催し、しっかり楽しんでみることに。

resize0053.jpg
会場ではいろんな模型の展示がなされている。
今回はその中でも城関連の物を見ていこう。

まずは毎週一部ずつ部品を切り売りしている某出版社から。
resize0047.jpg
よくCGで復元している安土城のぶつ切り模型。
これだけで驚くなかれ、中の襖(ふすま)は絵が描かれ、しかもスライドまでするスグレモノ。

そして次は全国城郭模型普及協会のブース。
resize0054.jpg
特に凄いのはこの伏見城の戦後処理であろうか。
中央右の建物が火事で焼け落ちている所が最大のメダマ。
拡大してみると・・・
resize0043.jpg
焼け落ちた屋根からは焦げた梁や屋根に付いたススが火事のあったのを生々しく表現している。

そして近世城郭の天守を扱っているブースでは・・・
resize0052.jpg
来年の大河ドラマ「黒田官兵衛」特集として姫路城の屋根黄金バージョンを公開中であった。
これは当たり前すぎて個人的には「ふ~ん、そうなんだ」程度で終わる。

さて、いよいよ中世城郭「三河長篠城」を扱っているお城ジオラマ復元堂さんのブースへ。
resize0048.jpg
これが生の城ラマか・・・思ったより小さかった。
聞けば現存している遺構はもちろんの事、失われた遺構も発掘調査や古地図等を参考に
より現役当時の姿に近づけるように研究したとか。
やばいな~、これを見ただけでお絵かきをしたくなってくる。
美術で言う人物画を書くときに胸像を見て練習するように、
城館跡のお絵かきをこの立体地形を見ながら練習できる気がする。
だが、驚くのはこればかりではなかった!

resize0055.jpg
iPat及びiPhoneに独自のアプリを入れる事により、
現在の航空写真を上記の機器を通して見ると、忠実に再現したCGが!
しかも角度を変えてもしっかり細部まで描かれるのには驚き!
これはオマケとの事だが、下手すると主役の模型を追い落とす程の秀作なのだが・・・。

いや~、いい目の保養になった。
今年の模型ショーは今日で終わりだったので、
ご興味のある方は来年あたり行ってみてもよいかも。
  1. 2013/10/13(日) 23:39:11|
  2. その他の事

一味違った城館探訪

resize0056.jpg
今日は甲冑愛好家の皆様と一緒に中世の山城へ遊びに行くことになった。
その場所とは・・・

resize0058.jpg
長野県千曲市にある「荒砥城」
ここは戦国期の山城を再現した場所で、石積みや掘建小屋が建つ雰囲気のある場所。
入城料300円を払い、いざ!

resize0057.jpg
城に向かって登っていく武者達。
やはり鎧を付けている方が居ると、なんだかワクワクするような。

resize0059.jpg
城の櫓門から入城する武者達、このシーンだけ見たら気分は戦国期?

resize0060.jpg
櫓に昇り、作戦会議じゃ!!
雰囲気は満点ですが、大勢で登って尚且風も吹いていたのでちょっとグラグラと櫓が
揺れていた。

resize0062.jpg
再び櫓門の上で武者三人、私からのリクエストで三銃士バリに刀を掲げていただきました。

resize0064.jpg
木造の掘っ立て小屋もなかなかいい雰囲気を出しておりますが・・・
あれ?奥に居るのは!?

resize0065.jpg
何故かゆるキャラの「ひこにゃん」と「くまもん」
なんだか仲睦まじく座っているのであった。
実は今回の参加者の方がお持ちになったぬいぐるみであった。

resize0066.jpg
今度は「山本勘助」を意識したというGさん(儀一ではありません)が
貫禄ある勘助ぶりをなさっておりました。

resize0067.jpg
「勘助殿!ご命令を!!」
普通に来たらこんなシーンは見れないのでとても素晴らしい。
欲を言えば足軽がもう数人居た方がよりリアルになりそうだな。

この後語らい、その間にも観光客の方がこられたら、一緒に記念撮影などのサービスも。
鎧をしておられる皆様はサービス精神旺盛であらせられる。

そんな事で城はこの荒砥城しか行かなかったが、
普段じゃ見れない、貴重なシーンを見せていただきました。
皆さん、本当にありがとうございます!
  1. 2013/10/12(土) 22:48:10|
  2. お付き合いの事

大多喜城(千葉県夷隅郡大多喜町)



四ヶ月ぶりの更新は、自分にしては珍しく近世城郭である大多喜城。
というのも今日ここで祭りがあったので、ついでに訪れた次第。

resize0005.jpg
九月の下旬の今日、大多喜駅からノコノコと歩くこと30分(寄り道時間含む)で本丸到着。
小田原城のような天守が本丸の中央に堂々と置かれていた。
入城料は200円で、最高所には周辺のジオラマが展示されている(撮影禁止)

resize0004.jpg
本音を言えば本丸の周辺をめぐる土塁に興奮していた。
一般の皆様は模擬天守を見ていたが、自分的にはこちらの方が見ていて楽しい。

resize0002.jpg
傍らにはこんな凄い堀切が作られているのに、誰ひとりこれを見ている人がいなかったのが残念だ。
逆に言えば自分がこの堀切を独り占めできるので、それはそれで良しとする。

resize0001.jpg
道路造成の為破壊された堀の一部、道路になっている部分が
堀を隔てて曲輪になっていたのではと想像している。

resize0029.jpg
本丸の東端部、二の丸との境には腰郭があり、
更に下の大多喜高校には巨大な井戸もある。

resize0028.jpg
南側は夷隅川、またの名を御禁止(おとめ)川が深い堀を築いている。
天守のある曲輪の西側が若干緩やかな尾根なので、そこに人工的な遺構があるのが良い。
本多忠勝・忠朝親子の事も良いが、中世期の遺構にも目を向けてくれると嬉しいのだが。
  1. 2013/09/30(月) 00:41:22|
  2. 城館探訪の事(千葉県)

大多喜お城まつり 初参加

img026.jpg
今日は片道3時間かけて、千葉県夷隅郡大多喜町へ行ってきた。
最近お知り合いになった甲冑好きの皆様がこのお祭りに参加されるのでついでに見に行くためであった。

resize0040.jpg
大多喜小学校の校庭には祭りのメインステージが作られ、周囲を出店が囲っている。

resize0038.jpg
この度の祭りの為にゆるキャラ「オタッキー」が出陣していた。
本多忠勝と大多喜城はわかるのだが、タケノコはこの地域の特産品か?

resize0037.jpg
折角なので頭上の天守の部分をズームアップ。
触らなかったが、天守クッションになっているのかも知れない。
見るからに柔らかそうだ。

resize0036.jpg
午前中は色々な団体の催しが行われ、メインの武者行列は午後になってから。
学校内に物々しい甲冑を身につけた武士たちが集結し始めていた。

resize0035.jpg
武者行列とお神輿が入場すると、ステージの上ではいつの間に寸劇が。
撮影技術がないのでこの程度だが、結構ハデに動き回っていた。
何よりしのぎを削るような効果音がとても良く出せていた。
(のだが・・・肝心の劇の内容がわからず)

resize0034.jpg
そして大多喜の街中を武者達が練り歩く武者行列がスタートした。
馬上の忠勝公はとても凛々しゅうございます。

resize0033.jpg
中には南蛮な方までも、なかなか国際的な祭りになっていた。
武者行列についていこうかと思ったが、眠気がさしたのでしばらく寝かせてもらっていた。

resize0031.jpg
個人的にお気に入りなのは、この五挺の火縄銃の実演。
「はなて!!」の合図と共にズガーン!!と轟音と振動を伝えてくる。
これを見て長篠の合戦の三千挺の鉄砲一斉射撃なんて
天地が崩れるほどの爆音だったのだろうなっと想像された。

resize0030.jpg
そして武者隊が退場して祭りは盛大に終わった。
その後、電車の時刻を間違えたり寄り道しながら帰ったので、
自宅に着いたのは6時間後だったのであった。

最後に祭りの実行委員会ならびに暑い中甲冑を身に付け練り歩いた皆様、
本当にお疲れ様でした。よいお祭りになり、一日楽しく過ごさせてもらいました。
  1. 2013/09/29(日) 23:20:58|
  2. お付き合いの事
次のページ

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

本日のこよみ

最新コメント

カテゴリ

城館探訪の事(報告編) (12)
城館探訪の事(埼玉県) (75)
城館探訪の事(栃木県) (18)
城館探訪の事(群馬県) (81)
城館探訪の事(千葉県) (1)
城館探訪の事(東京都) (1)
城館探訪の事(山梨県) (1)
城館探訪の事(長野県) (31)
城館探訪の事(愛知県) (17)
このサイトについての事 (33)
ふと思う事 (10)
研究の事 (33)
城館まがい地の事 (31)
お付き合いの事 (14)
送電鉄塔についての事 (6)
その他の事 (131)
未分類 (0)

最新記事

月別アーカイブ

プロフィール

儀一

Author:儀一
埼玉県に生息し、中世城館を訪ね歩いています。最近は少々動きに鈍さが見られる・・・。

さくらが3Dで降るブログパーツ

マウスで見る方向変えられます

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログランキング

アクセスカウンタ

アクセス数の調査をしています。 ご協力をお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。