儀一の独り言

中世城館跡を好む儀一が、城館を調査したりした事を語る独り言ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛車謝恩城館探訪 その4


桐生市を後にして車は山沿いに西に走る。
渡良瀬川の川沿いには幾つかの城館跡があったのだが、今回はパスして目的地に直行。
次なる目的地は現在みどり市になっている旧大間々町の高津戸城である。

●高津戸城(群馬県みどり市)
resize1925.jpg
渡良瀬川の急流が洗う絶壁上にそびえる山城で、個人的には結構好きな城であったりする。
とはいえ実は今回が2回目なので、じっくりとその遺構を堪能したい。

resize1927.jpg
実はこの三の曲輪までは自動車で乗り入れ自由であったりする。
かってここにあったという堀切が埋没させられてしまっているのが残念なので、
いつか復元して欲しい所でもある。

resize1933.jpg
駐車場にある展望台からはかっての大間々町市街地が渡良瀬川越しに一望できる。
今回は天気がイマイチなのが残念であったが、それでもよく見えている方だと思う。

resize1934.jpg
川底めがけて掘りぬかれたこの竪堀は見ごたえあったり。
今ではだいぶ緩くなっているが、当時はかなり鋭く掘られていたのだろう。

resize1935.jpg
本曲輪にある要害神社。
この「要害」って名前がいかにも城館探訪者へのご利益がありそうな名前でよい。
今後の探訪を祈願してお参りをしてきた。

resize1929.jpg
城内はそこそこ歩道が整備されており、一般の方々もチラリチラリと居られた。
平場が段々状に見えるこの角度もなかなか(木が邪魔して見づらいのだが・・・)

resize1930.jpg
本曲輪の東には古井戸跡(水の手)と思われる場所がある。
案内板が付いてはいたが、表面が風化しており解読不明だった。

resize1932.jpg
実は本曲輪から北は未だ見ていなかったのである。
北には緩やかな尾根が続いており、それを防御すべく3回も掘られた堀切がある。
公園化されたためにユルユルの上に土橋まで設置されていた。
できれば原型を留めていてほしかったのだが・・・。

resize1975.jpg
こんな感じでじっくりと遺構を観察させていただいた。
やはり城館跡は2度3度訪問するごとに良い部分が見えてくるので嬉しい。
そのご旧大間々町立図書館へ向かい資料集めをしてしまったのであった。


つづく
スポンサーサイト
  1. 2010/04/10(土) 22:17:33|
  2. 城館探訪の事(群馬県)

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

本日のこよみ

最新コメント

カテゴリ

城館探訪の事(報告編) (12)
城館探訪の事(埼玉県) (75)
城館探訪の事(栃木県) (18)
城館探訪の事(群馬県) (81)
城館探訪の事(千葉県) (1)
城館探訪の事(東京都) (1)
城館探訪の事(山梨県) (1)
城館探訪の事(長野県) (31)
城館探訪の事(愛知県) (17)
このサイトについての事 (33)
ふと思う事 (10)
研究の事 (33)
城館まがい地の事 (31)
お付き合いの事 (14)
送電鉄塔についての事 (6)
その他の事 (131)
未分類 (0)

最新記事

月別アーカイブ

プロフィール

儀一

Author:儀一
埼玉県に生息し、中世城館を訪ね歩いています。最近は少々動きに鈍さが見られる・・・。

さくらが3Dで降るブログパーツ

マウスで見る方向変えられます

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログランキング

アクセスカウンタ

アクセス数の調査をしています。 ご協力をお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。