fc2ブログ

儀一の独り言

中世城館跡を好む儀一が、城館を調査したりした事を語る独り言ブログ。

猿喰土村の謎

かっての花園村大字武蔵野に「猿喰土(さるがいと)村」という近世頃の村があったという。
その位置は「東に北根村、南に荒川村」とあるので現在の深谷市大字武蔵野のほぼ東部に位置する場所になると思われる。
この「猿喰土(さるがいと)村」、読みによっては猿(ま)喰(く)土(つち)とも読めるような気がしてしょうがない。

「まくつち」の発音で思い起こされるのは、武蔵七党猪俣党の一族である「幕土氏」。
藤田能兼の長子能行の子重国が「幕土五郎」と称しており、鎌倉幕府滅亡時に新田義貞に従って強弓で名を馳せた幕土六郎左衛門尉がその子孫であるという。
いままでその居住地は不明とされていたが、この旧花園村辺りは猪俣党の勢力が強かった地域ゆえに同じ猪俣党の幕土氏が居住していても不思議はない。
また、系譜図を見ると小前田氏の祖である信国から見て幕土五郎重国は甥にあたり、藤田氏流の系統が旧花園町を支配していたという共通点からも、この地に幕土氏が居住していた可能性は充分考えられると思う。

ただ読みが(さるがいと)と呼ばれているのが引っかかる。
地名に関して言えば漢字の書きはよく変わるが、音(発音)が変わってくるというのはそうない。
今回の件は猿喰土と幕土の漢字は違う上に読みも「さるがいと」と「まくつち」で違っている。
共通する点は「猿喰土(さるがいと)」が「猿喰土(まくつち)」とも読めそうだって事だけなのである。

他の文献にも残されていない幕土、それをこの近世の猿喰土村に当てる事は良いのか悪いのか?
結構考えたりもする。
AUTHOR: 小頭@和平 IP: 111.110.29.196 DATE: 07/11/2011 14:33:26 こちらにもお邪魔いたしまする。 日頃よりのご研鑽、ご尊敬を申し上げまする。 「猿喰土(さるがいと)村」につきましては、文禄4年10月の「検地帳」の「さるかいと」(平仮名表記)が初見とのことです。 また「武蔵国郡村誌」では17世紀半ばの承応年間に飯塚村から分郷したとされているようですね。 漢字では「猿喰戸」「去谷戸」とも表記され、読みは「さるくいと」「さるかいと」「ざるがいと」などがあるようです。 読みが先か、漢字表記が先か難しいところですが、「カイト」自体についても「城下地名」との関わりが指摘されているようですね。 以上、元ネタは概ね「角川地名大辞典」でございました(汗) では、また。
スポンサーサイト



  1. 2011/07/11(月) 06:42:18|
  2. 研究の事

検索フォーム

カテゴリ

城館探訪の事(報告編) (12)
城館探訪の事(埼玉県) (75)
城館探訪の事(栃木県) (19)
城館探訪の事(群馬県) (81)
城館探訪の事(千葉県) (1)
城館探訪の事(東京都) (1)
城館探訪の事(山梨県) (1)
城館探訪の事(長野県) (31)
城館探訪の事(愛知県) (17)
このサイトについての事 (36)
ふと思う事 (10)
研究の事 (33)
城館まがい地の事 (31)
お付き合いの事 (14)
送電鉄塔についての事 (6)
CSSの研究 (3)
その他の事 (132)
未分類 (0)

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセスカウンタ

アクセス数の調査をしています。 ご協力をお願い致します。