儀一の独り言

中世城館跡を好む儀一が、城館を調査したりした事を語る独り言ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

多門氏館(埼玉県富士見市)

多門(おかど)氏館は中世期の館跡に徳川氏の旗本多門氏が住んだことから因む名前である。
以前は何故か木が生い茂ってるという理由で撤退していたのだが、やはり訪問していないのは気がかりだった。
そこで今回の訪問となった訳である。

resize6188.jpg
前は森だった多門氏館が、綺麗に伐採されて発掘調査されていた。
なんのめぐり合わせか?館跡は今新たなる真実を求めて掘り返されていたのである。

resize6184.jpg
堀はしっかりと従来の姿を取り戻しているようだったが、残念な事にブルーシートが被っているので中が伺い知る事ができなかった。
でもこれを見るだけで結構深い堀のようである。

resize6192.jpg
館跡内部もしっかり発掘されており、幾つかの柱穴が顔を覗かせている。
中世期の屋敷は基本的に掘立式であり、家の柱を建てるのに当然穴を掘っている。
この穴のお陰でその館跡にはどの位の規模の屋敷が建っていたか、垣間見る事ができる。

b82a3bbe.jpg
他のサイトでは木が生い茂っている写真が多かったが、これを行った時には見事な見ごたえがあった。
本当は発掘調査をされている調査員の方に話を伺いたかったのだが、忙しそうに動いておいでだったので声をかけるのを控えた。
後日同地を再訪問された「そこに城があるから」の左馬助さんの話によれば、住宅開発による発掘で遺構は喪失してしまうとの事。
確かに中世期の館跡なら液状化現象の心配はほぼ無いが・・・できたら後世に残して欲しい遺構の一つでもあった。
この日は心残りが無いように、徹底して撮影してきた。
せめてこちらの堀は残して欲しいものだ。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/07(日) 04:34:31|
  2. 城館探訪の事(埼玉県)

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

本日のこよみ

最新コメント

カテゴリ

城館探訪の事(報告編) (12)
城館探訪の事(埼玉県) (75)
城館探訪の事(栃木県) (18)
城館探訪の事(群馬県) (81)
城館探訪の事(千葉県) (1)
城館探訪の事(東京都) (1)
城館探訪の事(山梨県) (1)
城館探訪の事(長野県) (31)
城館探訪の事(愛知県) (17)
このサイトについての事 (33)
ふと思う事 (10)
研究の事 (33)
城館まがい地の事 (31)
お付き合いの事 (14)
送電鉄塔についての事 (6)
その他の事 (131)
未分類 (0)

最新記事

月別アーカイブ

プロフィール

儀一

Author:儀一
埼玉県に生息し、中世城館を訪ね歩いています。最近は少々動きに鈍さが見られる・・・。

さくらが3Dで降るブログパーツ

マウスで見る方向変えられます

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログランキング

アクセスカウンタ

アクセス数の調査をしています。 ご協力をお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。