FC2ブログ

儀一の独り言

中世城館跡を好む儀一が、城館を調査したりした事を語る独り言ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

青空に誘われてつい・・・

また群馬県の城館跡を見に行ってしまったのであった・・・。

resize11385.jpg
暗いのでちゃんと写せなかったが、ただ今氷点下3℃。
晴れていて、尚且つ山間部だったのでこの位の気温になってしまうようだ。

resize11381.jpg
そして目的地に到着したのはいいが・・・やっと東の空がうっすら明るくなり始めたぐらい。
これでは全然調査ができないので、しばし寝て待つことに。
城館探訪の記録に関しては後日このブログにて。
今回はその城館探訪で遭遇した熱い鉄塔たちについて語りたい。

resize11386.jpg
晴れ渡った空にそびえ立つ(おそらく)西群馬幹線の鉄塔。
山を物ともしない巨体に、谷間にいる自分は圧倒されまくり。
しかし、その足元は笹薮が密集しており、入る気力が失せた。
城館跡に行くより保守の為に通路が作られる事が多い鉄塔に行く方が困難って・・・。
のでルートからしか推測できず、ナンバーも知る事ができなかった。
いつかこの辺りのナンバーも再調査したいものだ。

resize11382.jpg
変わってこちらは榛名線44号。
丘陵部を滑空するかの如く這う架線に、ちょっと目を奪われる。

resize11387.jpg
同じく榛名線45号。
こちらの方が若干中の腕金が長く感じられる。
幹線クラスに比べてコンパクトだが、この古い型が自分的に好み。

resize11383.jpg
空が若干曇りがちになったが、新吾妻線231号(大きい方)と吾妻川線2号(小さい方)の競演。
西群馬開閉所から発する鉄塔は、どれも幹線クラスでその巨体に度肝を抜かれる事しばしば。
昭和56年生まれの新吾妻線パパに対し、吾妻川線は平成23年生まれの赤ちゃん状態。
そう考えれば、この二基の年齢さはまるで親子だ。
高さも新吾妻線83mに対して吾妻川線は36mだしね。

resize11384.jpg
今回は山城が多かった為、城館跡は7箇所に留まった。
それにしても今日はよく天気が持ってくれたので、楽しい城館探訪&鉄塔鑑賞ができた。
帰りは写真の山が見える温泉に入ろうかと思ったが、疲れて寝てしまった。
温泉の閉館時間間際に目を覚まし、高速道路を使ってパーキングエリアめぐりを楽しむ。
高速道路って滅多に使わないので、結構楽しく色々と見させてもらった。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/25(日) 23:59:07|
  2. 送電鉄塔についての事

検索フォーム

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

本日のこよみ

最新コメント

カテゴリ

城館探訪の事(報告編) (12)
城館探訪の事(埼玉県) (75)
城館探訪の事(栃木県) (18)
城館探訪の事(群馬県) (81)
城館探訪の事(千葉県) (1)
城館探訪の事(東京都) (1)
城館探訪の事(山梨県) (1)
城館探訪の事(長野県) (31)
城館探訪の事(愛知県) (17)
このサイトについての事 (33)
ふと思う事 (10)
研究の事 (33)
城館まがい地の事 (31)
お付き合いの事 (14)
送電鉄塔についての事 (6)
その他の事 (131)
未分類 (0)

最新記事

月別アーカイブ

プロフィール

儀一

Author:儀一
埼玉県に生息し、中世城館を訪ね歩いています。最近は少々動きに鈍さが見られる・・・。

さくらが3Dで降るブログパーツ

マウスで見る方向変えられます

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログランキング

アクセスカウンタ

アクセス数の調査をしています。 ご協力をお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。