儀一の独り言

中世城館跡を好む儀一が、城館を調査したりした事を語る独り言ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鷹繋城 (群馬県吾妻郡吾妻町)

鷹繋城所在地

resize11479.gif
鷹繋城は旧吾妻町でももっとも西にある。
写真の山の山頂にあり、比高差はおおよそ200mとの事。
実はこの城を事前にネット検索したが、何処にも訪問ルートが書かれてなかった。
ので今回は独力で行く事に・・・。

resize11381.jpg
ただ、意気込みすぎて実は夜明け前に着いてしまったというオチが。
しばし車の中で今回訪問する城館跡について資料を読み直す。
そして段々外が明るくなってきたので、早速行動開始。

resize11475.gif
須賀尾地区の清水という所が幾つも道が分かれているので、
ひとまず鷹繋城の南に向かう温川温泉方面へ。
橋を渡って某旅館の社員寮を抜けた辺りで写真のお地蔵さんがある。
この脇道から城にアクセスする事に。

resize11471.gif
すると墓所に出るので、そこから東に削平された地形が続く。
おおよそ40m程歩いた所で谷になっている所があるからそこから登ってみる事に。
その際迷子にならないように、写真の黄色のテープでマーキングしとくことに。

resize11467.gif
途中からググっと急斜面を登る事になるが、山城に行くといつもの事。
ただ、この後何件か山城に行くので、休み休み進む事にした。
ちなみに今までの写真の殆どが帰り道で撮影したもので、
行きは目には見える明るさなのだが、写真は全然写らなかったのである。

resize11434.gif
見える!我が目に魅惑の地形がそこにあるのがはっきり見える!
山頂付近に来て、この地形が見え登る足も段々早くなる。

resize11437.gif
ついに遺構とのご対面。
小さな堀切だが、岩を砕いて掘ったその堀切には熱い物が感じられる。

resize11439.gif
本曲輪と思われる部分は非常に狭く、烽火台だったというのもうなづける。
周囲は崖になっており、先端部分には写真に写らないがワイヤーが立ち入れないように張られている。
そして南東の方角を見ると・・・。

resize11444.gif
ご来光を拝むという機会に恵まれる。
やはり山城で朝日を拝むというのは個人的に感動するものがある。
この時朝日に気を取られて気付かなかったが、テレビアンテナもあったのだな。

resize11447.gif
先ほどの平場とこの堀切以外、特に手の付けられた地形は見当たらなかった。
だがこの堀切を見るだけで、ここまで来た甲斐があったというもの。

その後転がるように山を降り、次なる城館跡に向かったのであった。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/01(土) 04:18:00|
  2. 城館探訪の事(群馬県)

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

本日のこよみ

最新コメント

カテゴリ

城館探訪の事(報告編) (12)
城館探訪の事(埼玉県) (75)
城館探訪の事(栃木県) (18)
城館探訪の事(群馬県) (81)
城館探訪の事(千葉県) (1)
城館探訪の事(東京都) (1)
城館探訪の事(山梨県) (1)
城館探訪の事(長野県) (31)
城館探訪の事(愛知県) (17)
このサイトについての事 (33)
ふと思う事 (10)
研究の事 (33)
城館まがい地の事 (31)
お付き合いの事 (14)
送電鉄塔についての事 (6)
その他の事 (131)
未分類 (0)

最新記事

月別アーカイブ

プロフィール

儀一

Author:儀一
埼玉県に生息し、中世城館を訪ね歩いています。最近は少々動きに鈍さが見られる・・・。

さくらが3Dで降るブログパーツ

マウスで見る方向変えられます

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログランキング

アクセスカウンタ

アクセス数の調査をしています。 ご協力をお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。