儀一の独り言

中世城館跡を好む儀一が、城館を調査したりした事を語る独り言ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大明神の砦 (群馬県群馬郡倉渕村)

大明神の砦所在地

resize11838.jpg
大明神の砦は吾妻を押さえた真田氏の築城とされ、
見方を変えれば武田氏流の烽火台とも言うべき砦。
権田城とは烏川を挟んだ対岸にあり、
北上してくる小田原北条氏の動向を監視するための砦と言える。

resize11839.jpg
浅間神社の脇が参拝用に道路が広くなっており、ここに車を停めて訪問。
もちろん駐車代として神社にお賽銭を入れてきた。

resize11841.jpg
道路脇には砦についての解説が書かれている。
この手の職人魂の籠もった解説板は、個人的に好きである。
ただ、やや年代物なので若干色あせてしまっているのが残念。

resize11847.jpg
浅間神社の本殿脇に砦への探索道が整備されている。
直登するよりはるかに楽なので、こういう道があると助かる。
慌てず焦らずのんびりと登っていくとしよう。

resize11851.jpg
途中に積み木を載せたような地形に遭遇。
それにしてもこの岩の下に浅間神社がある訳だから凄い立地条件。
一応ワイヤーが付けられているが、これだけの巨石からすれば無いに等しそうな予感。

resize11855.jpg
砦の東山腹を上り詰め、尾根に近くなると・・・お待ちかねの堀切発見。
結構大きな遺構なので、つい行ってみたくなる衝動を抑えて本郭へ。

resize11868.jpg
階段を登り詰め、ついに本曲輪へ到着。
さすが烽火台だけあって、見晴らしは素晴らしい。
こちらにも二枚の解説板が設置されている。

resize11863.jpg
木製の標柱の朽ち果てぶりが哀愁誘う。
何時倒れてしまうか分からないが、温かく見守ってあげたくなるものがある。

resize11870.jpg
本曲輪から降りる途中で再度堀切を見下ろす。
いい!この土の立体感が縄張り図を描くための原動力となるのだ!!
そんな事で縄張り図(ケバ図)を描いてみた。

大明神の砦(儀一謹製図)
驚いたのは烽火台に計四本の堀切を設けてる事。
ここまで執拗に尾根を遮断する執念は果たしてどこから?
毎度のことながら我が縄張り図だと立体感が沸かないので、ヘタな俯瞰図を一つ。

resize12209.jpg
真田氏経由ではあるが武田氏流の烽火台の遺構を一部垣間見た。
群馬は武田・上杉・北条の勢力が激突した地域だけに、遺構も眼を見張るものがある。
美味しい遺構をご馳走様。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/07(木) 10:20:38|
  2. 城館探訪の事(群馬県)

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

本日のこよみ

最新コメント

カテゴリ

城館探訪の事(報告編) (12)
城館探訪の事(埼玉県) (75)
城館探訪の事(栃木県) (18)
城館探訪の事(群馬県) (81)
城館探訪の事(千葉県) (1)
城館探訪の事(東京都) (1)
城館探訪の事(山梨県) (1)
城館探訪の事(長野県) (31)
城館探訪の事(愛知県) (17)
このサイトについての事 (33)
ふと思う事 (10)
研究の事 (33)
城館まがい地の事 (31)
お付き合いの事 (14)
送電鉄塔についての事 (6)
その他の事 (131)
未分類 (0)

最新記事

月別アーカイブ

プロフィール

儀一

Author:儀一
埼玉県に生息し、中世城館を訪ね歩いています。最近は少々動きに鈍さが見られる・・・。

さくらが3Dで降るブログパーツ

マウスで見る方向変えられます

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログランキング

アクセスカウンタ

アクセス数の調査をしています。 ご協力をお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。