儀一の独り言

中世城館跡を好む儀一が、城館を調査したりした事を語る独り言ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

志賀城(長野県佐久市) リベンジ編

志賀城所在地

resize13224.jpg
志賀城は甲斐武田軍によって麓に三千の生首を並べられるなど、血生臭い歴史が残されている。
そんな恐ろしい歴史が数百年前にある同地だが、現在は至ってのどかな集落になっている。
実は前回訪問しようかとしていたが、当時は真夏だった事もあってだるくなって止めた経緯がある。
そんな志賀城だが、4月上旬の今なら草木が少なく、探訪する絶好の好機と見て訪れた。

resize13145.jpg
志賀城の南麓にある雲興寺に上り口があるとの事で、城館探訪の成功の祈願も兼ねて参拝。
そのまま本堂の東側から回りこんで城へ向かう。
なんか尾根筋が削平されてそうで、とっても気になったがそのまま進んだ。

resize13148.jpg
途中からゴロンと造作も無く置いてあるという感じの巨石があったりする。
信州の城は本当に岩と巨石が多いと実感する一コマである。

resize13153.jpg
登りながらもまたも石積み付きの削平地に出会う。
志賀城の真下だから城の遺構・・・とも思いたいが、桑畑の跡である可能性もあるのでなんとも言えず。
そんな削平地を横目に見送り、テクテクと踏み跡を元に登っていく。

resize13155.jpg
この山が岩で出来ているのをよく物語っている場面に遭遇。
表土に生えた木々が岩肌で剥がれ落ちかけている。
途中の道でそんな倒木がいくつもあった。

resize13158.jpg
志賀城の堅固さをより具体的に表してくれる岩壁の登場。
戦国時代にはこの岩壁を露出させて、攻め手の戦意を削いでいたかも知れない。
写真では伝わりにくいが、現物を見るとその迫力に驚く。

resize13164.jpg
岩壁の合間のごく限られた尾根を上りきると、ようやく待ちかねた遺構とのご対面となる。
先の岩壁が垂直にそそり立っている事もあって、いくつかの削平地がある程度である。
また、部分的に笹薮になっていて、見通しが悪いところがある。

resize13179.jpg
本曲輪の方向に歩いていくと浅いながらも堀切に出会える。

resize13185.jpg
本曲輪に近づいたあたりで噂に聞く綺麗な石積みに出会えた。
一部には後世のものだろうという説も聞くが、当時の物だとすればロマン溢れる風景だ。

resize13196.jpg
本曲輪に到着、一部がすごい笹薮に覆われている。

resize13214.jpg
その代わり本曲輪東側は見通しが良く、小さいながらも堀と櫓台らしき高まりもある。
堀切を越えてしばらく進むと、進むのを拒むかのようにロープが張られている。
このロープの意味はこれを通過する時点ではよく分かっていなかった。

resize13202.jpg
本曲輪の先は本来の自然に任せた堅固な要害の様相を見せてくる。
でもこんな垂直にそそり立つ岩壁をあえて竪堀にする必要性があるのかと思える地形がある。
これが自然に出来たものだとすれば天性の要害であった事が感じられてしまう。

resize13209.jpg
更に進むと突如、岩肌の露出した超危険地域に出くわす。
志賀城側は一応削平されたような地形であるが、その先の地形は明らかに人の行ける様な地形ではない。
獣たちは往来しているような痕跡は見られるが、人が行って安全に通行できる保証がないだろう。

resize13210.jpg
落ちないように覗き込むとなにやら人が手を加えたような地形が。
これを見ても志賀城は明らかにこの岩を穿った堀切にも守られているのが分かる。
それにしても今まで見た遺構の印象を吹き飛ばすような、ダイナミックな堀切である。

resize13222.jpg
その他にも本曲輪に石積みがあったり、写真の巨石を積んだ切岸(?)があったりと
志賀城には見所は多い。
ただ、ここまで見た意見としては、やはり自然の地形に頼った要害というのが一番であった。

志賀城鳥瞰図(儀一謹製)2
毎度のラクガキ。
志賀城の範囲が少々広いので、全体像を描いたらこんなに縮小してしまった。
夏場でもいける事は行けるだろうが、熊などの害獣に出くわさない冬場がベストだろう。
とっても美味しいご馳走でした。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/17(水) 01:00:00|
  2. 城館探訪の事(長野県)

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

本日のこよみ

最新コメント

カテゴリ

城館探訪の事(報告編) (12)
城館探訪の事(埼玉県) (75)
城館探訪の事(栃木県) (18)
城館探訪の事(群馬県) (81)
城館探訪の事(千葉県) (1)
城館探訪の事(東京都) (1)
城館探訪の事(山梨県) (1)
城館探訪の事(長野県) (31)
城館探訪の事(愛知県) (17)
このサイトについての事 (33)
ふと思う事 (10)
研究の事 (33)
城館まがい地の事 (31)
お付き合いの事 (14)
送電鉄塔についての事 (6)
その他の事 (131)
未分類 (0)

最新記事

月別アーカイブ

プロフィール

儀一

Author:儀一
埼玉県に生息し、中世城館を訪ね歩いています。最近は少々動きに鈍さが見られる・・・。

さくらが3Dで降るブログパーツ

マウスで見る方向変えられます

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログランキング

アクセスカウンタ

アクセス数の調査をしています。 ご協力をお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。